手袋の選び方

手袋であったかい冬

手袋の選び方、その4つの方法と説明

新しい手袋を購入しようとした時、店頭へ行く前にいくつか選ぶポイントを決めておくと、スムーズに選ぶことができます。
それは大まかに分けると、デザイン性、機能性、その他の機能性(暖かさ以外の機能性)、値段のどれを重視するか、ということです。
デザイン性を重視するなら、手作りのものなど、世界でたった一つのものを購入するのも良いでしょうし、機能性重視ならボヘミアなど、少々厚手のものを選ぶのが良いかもしれません。
また、その他の機能性というのは、例えば装着したままでもスマホが操作できるものや、指先の部分だけを取り外すことのできるもの、消臭効果のあるものなどが挙げられます。
値段で選ぶなら、元から安価のものを購入するという方法もありますが、フリーマーケットやアウトレットなどであれば、良いものを比較的安価で購入する事も可能となるかもしれません。
このように選び方を意識することで、普段よりも少しお得な買い物ができるでしょう。

手袋をつけるのがが楽しくなる選び方

手袋といってもたくさん種類があり、カラーや素材だって様々なものがありますが、その中で自分に合うものを選ぶのに最適な選び方があります。
まず、一番大切なのは1つにこだわらないことです。
そのときの服装や気分、シチュエーションにあわせて選ぶのが良いでしょう。
例えば、気温が0度を下回るような寒い日に薄い生地の手袋をしていては、それがどれだけ良いデザインでオシャレであっても意味がありません。
また、自転車でサイクリングに出かけるのにふわふわした生地であるとハンドルが握りにくいでしょう。
いくらオシャレに気を使っていてもシチュエーションを考えて選ぶことが大切です。
ですが、もちろんデザインも気にしましょう。
冬場は服装が暗くなりがちですが、明るい赤や黄色のものをアクセントにすることでいっそう際立つでしょう。
カップルで同じもので揃えるのも良いかもしれません。
まだまだ寒い冬は続きますが、マフラーや手袋の防寒具のオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2015/5/21

COPY RIGHT (C) 手袋であったかい冬 ALL RIGHT RESERVED