温かい手袋

手袋であったかい冬

防寒対策!暖かい手袋の選び方

みなさんはこの冬、どのような防寒対策を行っていますか?人間の体で冷やしやすい部分といえば、「首」が付く部分です。
そのため、首といえばマフラー、足首といえば靴下、手首といえば手袋など、それぞれの防寒アイテムが多く販売されています。
おしゃれなものを使用するのもいいですが、やっぱり重要なのが、それを身につけたときに防寒できている、すなわち、「暖かい」と感じるかどうかです。
防寒にぴったりの手袋を選ぶために重要なポイントとなるのが、手袋に使用されている「素材」です。
しっかりとした風を通さない「素材」を使用しているものであれば、試着したときに「暖かい」と感じることができるでしょう。
オススメの素材は、革を使用しているものです。
革の素材の良い所は、見た目は高級感があり、おしゃれに見えることです。
そしてもう一つが、「風を通さない」ことです。
おしゃれでかつ、防寒の役目もしっかりと果たしてくれる革の素材のものを探してみてください。

遠赤外線パワーで今までになく暖かい手袋が登場

手袋は冬の防寒具としては欠かすことができないものです。
手や足などの末端部分は、人間が寒さを感じやすい部分であり、ここを温めてあげることで、体感温度をアップさせることができます。
暖かい手袋としては、発熱性の素材で作られたものを選ぶとよいでしょう。
具体的には、遠赤外線による放熱効果の高い素材を用いた製品は、薄くても非常に暖かいため、装着するとすぐにその効果を実感できます。
遠赤外線とは、波長が比較的長い赤外線のことで、この遠赤外線を周囲に放射する繊維を編みこんである生地は、防寒用の衣料品に幅広く利用されているのです。
手袋以外にも、遠赤外線による熱放射を活用した防寒着としては下着やタイツ、靴下やマフラーなど数多くの商品が出回っています。
従来の考え方では、暖かさを増すためには、できるだけ分厚い生地で防寒着を作ったほうが良いと言われていましたが、保温性あるいは蓄熱性に優れた新素材が次々と開発され、薄くても暖かい製品を買えるようになってきました。

check

Last update:2015/10/22

COPY RIGHT (C) 手袋であったかい冬 ALL RIGHT RESERVED